出国论坛

首页 » 外文课堂 » ★外语学习★ » ★其他语种★ » ★日语学习专区★ » 石原(いしはら)慎太郎(しんたろう)ってどんな人(ひと)?
Berlusconi - 2005/1/6 15:22:00
[这个贴子最后由Berlusconi在 2005/03/14 11:48pm 第 7 次编辑]Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
愛国心(あいこくしん)の公理(こうり)Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
http://www.sensenfukoku.net/human/nation.htmlÆüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
本来(ほんらい)歴史(れきし)教育(きょういく)というのは、その国(くに)の風土(ふうど)を慈(いつく)しみ、先人(せんじん)たちの功罪(こうざい)を学(まな)びながら、功(こう)の部分(ぶぶん)を今後(こんご)にどう活(い)かすかを考(かんが)えさせるものですÆüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
国家(こっか)というだけで、ナショナリスト、と身構(みがま)えるような国(くに)は日本(にっぽん)の他(た)には絶対(ぜったい)にないÆüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
死(し)の予感(よかん)に晒(さら)され苛(さいな)まれることのない男(おとこ)とは、つまり、自(みずか)らの愛(あい)するもののために、場合(ばあい)によっては生命(せいめい)を賭(と)した闘(たたか)うべき義務(ぎむ)責任(せきにん)を負(お)わぬ男(おとこ)でしかない Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
  Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
日本人(にっぽんじん)であるということ

Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
ふと胸(むね)の日(ひ)の丸(まる)に目(め)がいったとき、えも言(い)われぬ不思議(ふしぎ)な元気(げんき)が出(で)てきたÆüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
戦時(せんじ)の教育(きょういく)を受(う)けただけで戦場(せんじょう)にはいかずにすんだ我々(われわれ)には、彼(かれ)らに対(たい)するいたずらな敵意(てきい)ばかりがつのってあった。いや、あったというより、その残滓(ざんし)を今(いま)でも強(つよ)く感(かん)じることがある Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
日本人(にっぽんじん)は、かつて日本(にっぽん)が統治(とうち)していた外国(がいこく)の領土(りょうど)について語(かた)る時(とき)、すぐに戦争(せんそう)の爪痕(つめあと)などという表現(ひょうげん)をするが、戦災(せんさい)は別(べつ)にして日本(にっぽん)がかつての統治(とうち)領(りょう)にほどこした行政(ぎょうせい)まですべて否定(ひてい)されるべきものでは決(けっ)してない

Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
日本(にっぽん)は、日本人(にっぽんじん)が考(かんが)えるほど小国(しょうこく)ではないのです。むろん、大国(たいこく)意識(いしき)をちらつかせて傲慢(ごうまん)になっては嫌(きら)われるだけですが、ある種(しゅ)の毅然(きぜん)とした態度(たいど)をとっていかなくては、世界(せかい)の中(なか)の日本人(にっぽんじん)として、世界(せかい)の同心円(どうしんえん)に入(はい)っていけないと思(おも)います

Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
この日本(にっぽん)には未(いま)だ比類(ひるい)のない力(ちから)がある Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
  Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
マッカーサー憲法(けんぽう)の悪(あ)しき所産(しょさん)

Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
そこで、憲法(けんぽう)を一読(いちどく)すれば行政(ぎょうせい)訴訟(そしょう)を起(お)こしても無駄(むだ)だと分(わ)かるように、私(わたし)権(けん)に関(かん)する条項(じょうこう)を修正(しゅうせい)することがまず必要(ひつよう)だと考(かんが)えますÆüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
その内(うち)になんとかなるだろう、誰(だれ)かがなんとかしてくれるだろうという期待(きたい)は、期待(きたい)などではなしにたわけた責任(せきにん)放棄(ほうき)としか言(い)いようがないÆüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
憲法(けんぽう)改正(かいせい)までに十(じゅう)年(ねん)をかけるという意見(いけん)が膾炙(かいしゃ)しているが、しかしそんな呑気(のんき)なことでいいのだろうか Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
個人(こじん)主義(しゅぎ)の過剰(かじょう)な氾濫(はんらん)の背景(はいけい)には人権(じんけん)という強(つよ)い衝動(しょうどう)があるのです Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
  Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
戦後(せんご)民主(みんしゅ)主義(しゅぎ)の迷走(めいそう)

Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
我々(われわれ)は戦後(せんご)一方(いっぽう)的(てき)に与(あた)えられたものを今(いま)ようやくその原点(げんてん)から見直(みなお)し、今後(こんご)は我々(われわれ)自身(じしん)の手(て)で作(つく)り直(なお)すべき時(とき)に来(き)たといえるのかもしれないÆüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
政治(せいじ)家(か)がいたずらな保身(ほしん)のために怠惰(たいだ)に過(す)ぎているなら、国民(こくみん)自身(じしん)にそれこそ国家(こっか)社会(しゃかい)の保身(ほしん)のためにわがこととして考(かんが)えてもらいたい Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
我々(われわれ)だけがいたいけなほど一途(いちず)に信(しん)じているもの、それも絶対(ぜったい)の権威(けんい)に近(ちか)く錯覚(さっかく)しているさまざまなものについて見直(みなお)してみる必要(ひつよう)がある Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á

Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á
Æüw xTi¾bbs.chuguo.cn™Βhå!á

 1 
查看完整版本: 石原(いしはら)慎太郎(しんたろう)ってどんな人(ひと)?